佛教大学歴史学部(チベット仏教文化) 小野田俊蔵教授

「妊娠ストールを今すぐに廃止すべき」

平飼いでの畜産なら許されるのか、そこには議論があるでしょう。いずれにせよ最後に殺される時には苦痛があるでしょうし、自らの死を避けようともがくはずです。
しかし今問題としている妊娠ストールと名付けられるおぞましい器具はそんなレヴェルを遥かに越えた言語道断な存在です。

少なくともこの世に生まれてきて自らの身の自由もきかず、自らの生んだ子との交流も出来なくさせるような、そのような仕打ちが許されて良いはずはありません。
ここには議論の余地はない、すぐさま廃止すべきだし、そのような手段で生産したものを口にしないと声を上げ廃止に追い込むべきです。
見過ごしてはならない。
これは菜食とか肉食とかという次元の話しではない。

佛教大学歴史学部教授(チベット仏教文化)
小野田俊蔵

佛教大学歴史学部(チベット仏教文化) 小野田俊蔵教授

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シェア