絵本作家・画家・詩人 葉 祥明

人間と動物たちとの関係を考える時、シュバイツァー博士の「いのちへの畏敬」という思想、あるいは感じ方のことをいつも考えてしまいます。
人類とその文明が、そのような崇高なレベルに到達する日がいつかは来るでしょうけど…。
仏教には「抜苦与楽」という言葉があります。
それも「いのち」あるものに対する人間の態度です。
今、私たち一人一人に何ができるでしょう?

絵本作家・画家・詩人
葉 祥明

絵本作家・画家・詩人 葉 祥明

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認後に投稿されます。(スパム対策)

シェア