母豚の一生

子どもを産むために飼育される母豚は、生後8カ月程度で初めての種付け(人工授精か、オスとの交配)が行われます。
種付け後、メスの豚たちは1頭1頭が別々の檻(妊娠ストール)へ入れられます。
この妊娠ストールはとても狭く、方向転換すらできないサイズです。ここで115日間の妊娠期間を過ごし、出産前には別の檻(分娩ストール)へ移動されます。そこも狭く方向転換ができません。子供を踏み潰さないように母豚と子豚は柵で分けられています。子豚は柵の間から入り、母豚の乳を吸います。この授乳期間が21日間。

その後、母豚は次の種付けのために、ほかの母豚とともにフリーストール(何頭かの豚を群飼いする囲い)に一時入れられます。フリーストールもせいぜい4-8畳程度しかありませんが方向転換や歩くことはできます。「妊娠ストール」よりはマシでしょう。しかしそこにいられるのはほんのわずかの期間で、発情して種付けが行われるとすぐにまた妊娠ストールへ戻されます。

(人工授精で、この「フリーストール」期間さえ与えられていない母豚もいます。その場合母豚は妊娠ストールと分娩ストールをいったりきたりして一生ストールという拘束檻の中で過ごすことになります。)

母豚たちはこのようなサイクルで平均して1年に2.2産させられ、生後4-5年で屠殺されます。その一生のほとんどを方向転換の出来ないストールの中で過ごすことになります。

子供を生み続けた母豚の肉は食肉格付で「等級外」となり、安い値段で取引され、スーパーの肉売り場にパッキングされて並べられるようなことはなく、主に加工食品や味付用の豚肉などに使われます。

あわせて読みたい

シェア